京都の人参屋さんことgranja rural農園☆記憶に残る野菜

granja rural

090-2060-4868

〒621-0023 京都府亀岡市曽我部町寺広畑14

営業時間/09:00~18:00 定休日/土日祝

京都の人参屋さんことgranja rural農園☆記憶に残る野菜

スタッフブログ

2019/08/26 京都の人参屋さんことgranja rural農園☆記憶に残る野菜

こんばんは!

 

 

京都の人参屋さんことgranja rural農園(グランジャ ルラル)の並河でございます。

 

朝晩涼しい気温になって秋を感じますが、日中はまだ夏といった感じでしょうか。

 

 

 

 

京都の香る人参は秋冬に収穫予定でございますが、その間に少しばかり夏野菜を

夏野菜も少しずつ終了してきておりますが、オクラは毎日スクスクと育ってます。

このオクラは、最初に米ぬかともみ殻で自家作成した微生物のみの土となっておりまして、途中肥料を全く入れておりませんが元気に成長してます。

この違いはなんでしょうか?

 

オクラの土がいい状態であることだと思います。つまり、微生物が住み良い土であるためです。

そして、このオクラは15cm、20cmと多くなっても輪切りにするとそこまで繊維質にならず柔らかいです。

通常オクラは、大きくなればなるほと皮などが硬くなっていくのですが、当農園の野菜に共通することは皮が柔らかいです。

 

 

最近は、お客様から「なぜ皮が柔らかいんですか?」との質問が増えております。

 

なぜ?と言われますと一言で表現は難しいですが、あえて言いますと

 

 

」です!

 

 

字で表現するとシンプルですが、

不安定な土が「

しっかり地に着いた土が「

しっかりした土は、好気的な微生物が住みやすい環境であることです。

 

 

簡単なようで難しいですが、このような土は野菜の風味やきめの細かさに全てあらわれます。

 

 

当農園は、このような土に拘り続ける理由とは・・・

何度もお伝えしておりますが、人と動物、自然に優しい農業を目指しているからです。

これが目的で、土作りは目的を実現するための手段に過ぎません。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

granja rural農園(グランジャルラル)

【電話番号】
0771-56-8254

【住所】
〒621-0023
京都府亀岡市曽我部町寺広畑14

【営業時間】
09:00~18:00

【定休日】
土日祝

【野菜の購入、ご予約はショッピングサイトで!】
グランジャ ルラル農園 楽天市場店!へ
https://www.rakuten.co.jp/granja-rural/
■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP