京都の自然野菜はこちら

granja rural

0771-20-7047

〒621-0263 京都府亀岡市畑野町土ヶ畑大タワ1−20

営業時間/10:00~16:00 定休日/不定休

お知らせ

人参の収穫体験のお知らせ

山と川が隣接する農園で人参収穫

人参栽培に適した場所をと約3年に渡り思い続け、やっとの事でたどり着いた自然豊かな農園で人参の収穫ができます。

山に囲まれ、山水が流れる川を横とする農園は、訪れると自然の空気感に癒され安心を与えます。

人の体づくりに深く関係する自然の土に収穫体験を通じて触れてみませんか。

開催の概要についてのお問合せは以下のLINEアカウントからご連絡ください。

「子供たちに農業と自然体験を開催」 を8月よりオープンします!

子供たちは自然で遊び学ぶ

子供たちが自然から学ぶことがたくさんあります。

農業を通じて自然を知ることの大切さをお伝えします。

わたしが山川で育ったことで大人になってもその経験がいかされてます。

特別なプログラム、遊具もない自然そのままで子供たちの思うがままに遊ぶことで

必ずや心の変化があるはずです。

詳細は、以下へ

https://granja-rural.jp/blog/909/

次回マルシェの出店予定

野菜の卸・販売ならgranja ruralにご相談ください

美味しい京都産の「記憶に残る野菜®」をお召し上がりください

京都野菜・京野菜の卸や販売を行うgranja rural(グランジャ ルラル)農園は、人や動物、自然に優しい農業システムの確立に向け日々研鑽しております。

多くの方の「記憶に残る野菜®」を実現するために「無農薬、無化学肥料、無動物性堆肥」にて野菜を栽培し、
「生でも安心して野菜を食べたい」「野菜嫌いを克服したい」「子供に安全な野菜を与えたい」「動物に自然に近い野菜をたべさせたい」
これらの実現が、農家としてできることです。
当社では野菜の栽培を一貫して管理するために、土づくりの柱となる肥料を米ぬか、もみがらなどの天然の素材中心に1ヶ月間かけて発酵させることで自家作製し、土作りの基礎として使用しています。
なぜ土づくりにこだわるのかというと、それは安全と安心を自信をもって提供できるためです。
当社では、野菜作りで重要なことは「土の状態」であり、土づくりが80%と考えています。
日本の農業は先進国でも農薬が多く、欧米に比べ数倍以上もあり、そして、肥料も必要以上に入れる傾向があります。
この影響で土壌中の栄養分のバランスが崩れ、また地下水の汚染にも繋がります。
それにより野菜本来の風味が損なわれ、野菜嫌いな子供、我慢して食べている方などが増えていると考えています。
自然栽培に近い農法によって野菜本来の風味を再現し、多くの方が「いい匂い」「美味しかった」「また食べたい」と記憶に残るように想いを込めて栽培しております。

このように自然に合わせた栽培となるため、通常の栽培方法よりもゆっくり野菜が育ちます。そのため、ご提供までに少しばかりお時間をいただくことにご理解いだけると助かります。

当社の特徴

生でも安全な野菜を
作って卸・販売

籾殻

肥料からこだわって自然栽培

野菜の卸・販売を行うgranja ruralで取り扱っている商品はどれも、無農薬、無化学肥料、無動物性堆肥による自然栽培で作り上げたものです。
肥料からこだわって自家作製しており、自然の恵みをたっぷり吸いこんでできた野菜ですので「生でも美味しく、安心・安全」に楽しんでいただけます。

野菜嫌いの克服を
サポート

収穫_子供1

長く残る美味しさで子供も満足

granja ruralでは野菜を通じて1人でも多くの方を笑顔にすることを目指して卸・販売をしています。
これまでに「あれほど野菜を嫌がっていた子供が、生でもカリっと食べてくれた」というようなお声も頂戴しています。
いつまでもその美味しさが記憶に残るような商品を提供し続けていきます。

新鮮な野菜を
お届けします

人参

新鮮さも「安心・安全」の内

granja ruralが提供する「安心・安全」の中には、「新鮮である」ということも含まれています。
収穫直後はもちろん、卸した後、皆様の食卓に並んだ時にも瑞々しさを感じていただけるよう、京都の豊かな自然の力をぎゅっと詰め込んだ野菜をお届けします。

収穫体験で地域の皆様とコミュニケーションを

イラストを使って説明する様子

野菜で繋がる地域の縁

野菜を通じ、1人でも多くの方に笑顔になってもらうことを目指して卸・販売を行う当社では、「野菜作りの楽しさ」を知っていただくための収穫体験イベントを開催しています。
全国各地に卸される前の収穫を実際に体験し、食と農の結びつきを感じるための食育の機会として、コミュニケーションをとりつつ「笑顔」でお楽しみいただいています。
野菜がきっかけとなって地域の皆様が出会い、素敵な縁が集まる場となれば幸いです。
ぜひ皆様ご参加ください。

安心・安全な野菜を作るためのこだわり

農薬でなく自然の力を軸に栽培

農薬は虫や雑草から農作物を守り、作業の負担を減らすうえで必要なものとされていますが、人体に与える影響や危険について度々取り沙汰されてもいます。
京都で野菜の卸や販売を手掛けるgranja ruralは無農薬・無化学肥料・無動物性堆肥を掲げ、自然の恵みがしっかり詰まった商品に育てて皆様にお届けしています。
安心・安全かつ野菜本来の美味しさをお楽しみください。

土から伸びるにんじんの芽

自慢の京野菜を全国の皆様に卸・販売

色とりどりの野菜

個人・法人問いません

granja ruralは京都府亀岡市に所在しております。
京都の野菜と言えば、やはり京都特産の「京野菜」。
もちろん当社でも取り扱っており、全国の皆様にお届けしております。
個人様からのご注文だけでなく、飲食店など法人様からの卸売り・仕入れのご用命をお待ちしております。
「付け合わせに使うから小ロットだけ卸してもらえるか」「同一商品を大量に卸してほしい」などご要望をお聞かせください。

安心・安全の理由

無農薬

カブやにんじんなどの様々な種類

野菜本来の甘味が際立ちます

野菜の卸・販売のgranja ruralでは、土の状態こそ野菜作りで最も重視すべきものと考え、農薬を使わずに栽培しています。
「最近、野菜を食べると化学的な風味を感じる」という方にこそ召し上がっていただきたい、野菜本来の甘味が楽しめる商品が揃っています。

無化学肥料

畑の土を調べている男性

米ぬかなどで肥料を自家作製

より安心・安全な野菜の販売と卸を目指す当社では地下水や人体への影響などを考えて化学肥料を不使用とし、米ぬか・もみがらといった「自然に返るもの」で肥料を自家作製しています。
自然循環型の栽培で作り上げられた美味しい野菜を、ぜひ一度ご堪能ください。

無動物性堆肥

土から伸びるにんじんの芽

人体への影響に配慮

有機栽培をはじめ、農業では牛や豚などの家畜糞を有機肥料として使用する場合がありますが、当社では細菌の問題や人体への影響を考慮し、家畜糞は使っておりません。
とことん「安心・安全」を追求したうえで卸・販売しております。

野菜の卸・販売を通じて皆様を笑顔に

野菜の卸・販売のgranja ruralです。
安心・安全で美味しい商品を生み出すために無農薬、無化学肥料、無動物性堆肥という条件を揃え、肥料も自家作製しています。
自然の恵みを贅沢に含んで育った野菜からは素材本来の甘味が感じられ、苦手意識を持っていた子供でも生で食べられる美味しさです。
地元、京都周辺にお住まいのお客様はもちろん、全国の飲食店やホテルといった法人様にもお届けいたしますので、仕入れや卸のご相談をぜひどうぞ。
また卸や販売のほか、実際に収穫体験をしていただけるイベントなども企画しています。
食と農の密接な関係を知っていただく機会、そして地域活性の一助ともなれば幸いです。
野菜を通じ、1人でも多くの方を笑顔にできるよう力を尽くしてまいります。

会社情報

granja rural

代表者名
並河 孝次
住所
京都府亀岡市畑野町土ヶ畑大タワ1-20
電話番号
0771-20-7047
FAX番号
0771-20-7047
営業時間
10:00~16:00
定休日
不定休 *SNS等でご案内いたします。

お問い合わせはコチラ

〒621-0236  京都府亀岡市畑野町土ヶ畑
営業時間/09:00~16:00 不定休*SNS等でご案内いたします。 

公式LINEアカウントでのお問い合わせ

グランジャルラルのLINEアカウントより、販売、自然体験、収穫体験などのご連絡ください。

TOP