京都の無農薬野菜の通販|「記憶に残る野菜」granja rural農園

granja rural

090-2060-4868

〒621-0023 京都府亀岡市曽我部町寺広畑14

営業時間/09:00~18:00 定休日/土日祝

京都の無農薬野菜の通販|「記憶に残る野菜」granja rural農園

スタッフブログ

2018/08/24 京都の無農薬野菜の通販|「記憶に残る野菜」granja rural農園

京都府亀岡市で無農薬野菜の栽培と通販をしております「記憶に残る野菜」granja rural農園です。

 

昨日の台風は、この亀岡市でも大雨となりgranja rural農園の畑が水浸しになっておりました。

現在人参を中心に栽培をしております。

今回のような大雨になると土の水分量が増えすぎて、野菜が酸欠状態(換気不足)になります。

そのため、いろいろな対策を練っておりますが、昨日の雨は土の対応能力を少し超えております。

 

それはそうと、先日はまた多くの方と新たな出会いがありました。

現在兼業で農業をしておりますが、サラリーマンだけでは出会うことがなかったと思います。

約1年以上前に代々受け継がれた土地の活用と地域再生、子供たちに野菜の風味を伝えるなどの将来像から直感で農業を始めました。

京都の亀岡市は野菜栽培に適し、慣行農法はしないときめ無農薬野菜(無化学肥料、無動物性堆肥)を栽培すると決めてから

何もわからない状態から植物学、農業土木、微生物学、発酵技術などいろいろ勉強させてもらいました。

その甲斐あってか、野菜の風味が変わり、多くのお客様から「美味しい、食べやすい」などの感想を聞くことができたんです。

そして、皆さん「笑顔」になっていく貴重な体験をし、これだ! と気づきました。

人が「笑顔」に喜んでもらえることが大切なことに、そして私の使命

 

無農薬野菜といっても、実際の栽培は日本の厳格な基準がないためさまざまな方法で行われていること。

自利的なためか? 自他的なためか?

農家が何のために野菜を栽培するかが重要であることが日々考えさせられます。

多くの人が「笑顔」になる安心・安全で健康を届ける無農薬野菜を京都から伝えることに自信をもってからは、

人と人の出会いが増えました。

私の人参は正直高いです。でもこの取組みを理解していただける方々と繋がっています。

自然を守り、自然から教えられ、自然が人とつなげてくれます。

京都の無農薬野菜を通販・卸します「記憶に残る野菜」granja rural農園をよろしくお願いします。

 

granja rural農園のショッピングサイトはこちら⇒https://granja-rural.jp/

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

granja rural

【電話番号】
090-2060-4868

【住所】
〒621-0023
京都府亀岡市曽我部町寺広畑14

【営業時間】
09:00~18:00

【定休日】
土日祝

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP